TopPage

佐川町にて


 江戸時代には土佐藩筆頭家老の深尾氏がこの地をおさめ、城下町として発展する一方、代々の文教重視政策によって、文教の町として礎が築かれて来ました。幕末は勤王の志士であり、明治には宮内大臣までなった田中光顕、国際的な植物学者牧野富太郎がこの地で育っています。
 高知市から、いの町、日高村を経由して約50分です。

・不動ガ岩屋洞窟遺跡・城ノ台洞穴遺跡

・脱藩志士集合の地

・田中光顕宅跡

・青山文庫

・青源寺

・乗台寺

・竹村家住宅

・深尾土居跡

・旧伊藤蘭林塾と牧野富太郎生誕之地
佐川町の史跡以外の観光は、青山文庫の桜、劇場「さくら座」、司牡丹の酒造工場、ナウマンカルストなど。
佐川町のHP 佐川町街並み案内マップ