土佐の歴史散歩佐川町>竹村家住宅

竹村家住宅

国の重要文化財(建造物)として登録されています。
主屋は江戸後期(安永)の民家で、土蔵、表門とともに2007年12月に登録されました。

 竹村家は、佐川屈指の商家で、江戸後期に苗字帯刀と酒造を許されて酒造業を手がけるとともに、幕府からの巡見使には宿所を提供していた。主屋は、東側の店舗部と西側の座敷部からなり、店舗部は安永9年(1780)頃、座敷部は天保9年(1838)の建築とみられる。店舗部は、広い吹き抜けの土間と、オモテ、チョウバなどの部屋をもつ町家形式で、座敷部は、座敷のほか茶室なども備えた接客空間をもち、当地に特徴的な意匠の座敷飾りや貼付壁を採用している。
 竹村家住宅は、幕府巡見使の宿所とされ、武家住宅に準ずる上質な座敷を備えるなど、土佐地方における有力商家の住宅として重要である。
 (文化庁データベースより)


 2011年8月23日(火) 電話予約をして訪れました。


竹村家は「司牡丹」の長い酒蔵が続く佐川の町筋にあります。


大きい酒甫手のぶらさがる司牡丹。


ふだんは竹村家の御当主は「佐川くろがねの会」観光案内所にいます。


 最初に招かれたところは竹村家の主屋の東側部分で、2度の大地震に
耐た、太い柱に支えられた2階まで吹き抜けの土間がありました。
 竹村家は寛文年間に高岡から佐川に移住し、酒造「鉄(くろがね)屋」を
買い取り、酒造業を始めたそうです。そのとき名称を「黒金屋」に変えまし
た。 ここはその店舗部分です。
 また江戸時代後期には、深尾家に多額の資金調達をしていたそうです。


昔ながらの調度品があり、花も生けられていました。
この写真の左側にある応接間のような場所で、説明をお聞きしました。


ご自身が写しを描かれた大きな古地図を前に佐川の歴史を説明してい
ただきました。御当主の竹村氏はNPO法人「佐川くろがねの会」で佐川の
観光を推進されています。見学したい時には「佐川くろがねの会」に電話で
予約するといいです。

その後、主屋の西側部分の座敷へ案内されました。


この全面板張りの後ろ側には立派な観音開きの門がありました。


玄関の上の家紋入りの鬼瓦です。


ピンクの壁はベンガラ漆喰です。


高知市に発電所ができて市内に電灯が灯った明治
31年よりは後だったでしょう。電球以外はその頃の
ものだそうです。


庭には変わった石灯籠がありました。


玄関を上がるとどこかで見たような筆遣いの軸が迎えてくれます。
後ろの壁は「貼り付け壁」という珍しい壁で、障子のようなものを竿縁で柱にとめています。


高松太郎に宛てた龍馬の書簡。
池内蔵太をユニオン号に乗せることを伝えています。
普段はレプリカがかかっているのですが、
今日は特に本物を見せていただくことができました。


一枚板に彫刻された立派な欄間です。この部屋も貼り付け壁です。


釘隠もそろっていました。柱は面取りを施しています。


幕府巡検使を宿泊させる部屋として、領主深尾公が裕福な竹村家に指定しました。
従って商家ではあっても、違い棚など武家の部屋に近い造りをさせています。
床の間には鯨海酔候の署名がある軸がかかっていました。


付け書院の明かり障子の桟が美しい。


江戸時代の絵師、蛇足軒蕭白の絵という、美しい屏風です。


障子を開けると中庭が見える。石を配した枯山水の庭です。
中心の樹木はギンモクセイの大木です。


座敷の隣は4畳半の茶室でした。
部屋の中心に炉もありますが、夏ですから風炉のセットが置いてありました。


弥太郎の証文が茶室の壁に。楽しい。


茶室の露地です。落ち着きます。


竹村家住宅のたたずまい。

土佐の歴史散歩佐川町>竹村家住宅