土佐の歴史散歩香南市>大日寺
27番札所>28番札所>29番札所

28番札所 大日寺(だいにちじ)


2006年9月27日(水)  午前中はえい秋晴れのお天気やった。おんちゃんはどこぞへ出掛けとうなって、ちょうど、このシリーズの中で抜けちゅう28番、32番あたりに行くことにしたゾネ。近いきに9時半ごろから午前中に2カ所回ってこようとしたがやけんど、家に帰り着いたがはとうに昼をまわっちょった。


 門前の撮影を済ませたところにちょうどご夫婦連れが来て
一人ずつ交代で記念写真を撮りだしたがやき。
「お二人で撮ってあげましょう」、と声をかけてみたがやけんど、
奥さんの方はその気十分と見えたが、ご主人の方が「恥ずかし
いから」と言って断られてしもた。


階段を上がると途中、右手に手水舎があったぞね。


左手を見ると鐘楼が高い場所にあった。
ちっとでも音がよう届くように作ったがやろねと一人で納得。


四国霊場八十八カ所第28番札所 法界山高照院大日寺の本堂です。
真言宗智山派、本尊は金剛界大日如来。
ガラス戸を閉め切っちょって人の気配がのうて、寂しいねえ。


左手奥に大師堂があり、数人のお遍路さんが声を合わいて合唱しよったぞね。


大師堂の反対側には地蔵堂という六角形のお堂があったがやき。
こんな形の建物は作るがもややこしいろうねえ。


本堂の前から大師堂を見たところ。


奥の院に向かって少し進んだら、新築工事中の納経所があったぞね。
お布施がだいぶ集まっつろうか、立派な門構えじゃねえ。
きれいにするのもえいけんど、歴史を感じるもんがひとつもないねえ。


 奥の院にでも行たら何か歴史を感じるもんがあるろうか。
 100m歩いたら行けるということやきに、セメントで固められた
歩道を歩いてみたがやき。


いろんな種類のシダやハギやミズヒキの花を見ながら
歩いたら、小さな祠が左手の階段の上にあったぞね。


奥の院は爪彫薬師とゆう薬師堂じゃった。


首から上の病気を治してくれるということで、祈願成就の
御礼の石札が積みあがっちょった。


 すんぐに脇には「大師の御加持水」とされる霊水が流れよったぞね。
 平成2年には高知県の名水に選定されたがやと。

詳細は大日寺(Wikipedia)

土佐の歴史散歩香南市>大日寺
27番札所>28番札所>29番札所