土佐の歴史散歩東洋町>野根八幡宮

野根八幡宮


2012年6月7日(木)

 先日、奈半利に行ったとき、野根山街道の入口に立ちました。そのとき、この山を越えた向こうはどんなところだろう、二十三士が半平太の助命嘆願書を岩佐の番所に届け、脱藩しようとして捕縛、処刑されましたが、彼らが船に乗ろうとした甲浦はどんなところだろう、と東洋町に行ってみたくなりました。


東洋町に入り間もなくの、野根川にかかる橋の向こうが国道493号との分岐点です。
ここを通り過ぎるとすぐに左側にある野根集落の端に野根八幡宮があり、立ち寄りました。


神社の入口に、人の背丈より高いこんな石の柱が。
甌穴があちこちに見え、元は海岸にあった岩だと思われます。


反対側にも奉納された石柱が立っていました。
大阪屋など屋号のついた数人の名前が彫られていました。
かつては有力な商人達がいたのでしょう。


江戸時代初期からの奉納物があり、相当な歴史のありそうな神社です。


狛犬さん「阿」。


狛犬さん「吽」。


どこから運んできたのでしょうか、手水用に奉納されたものでしょう。
海の波の浸食でしょうか、小さな甌穴がたくさんあります。


拝殿のようです。拝殿前の広場は相当な広さです。そして手前の左右に伸びた道もやたらに幅が広いです。
家に帰ってからネットで調べてからその意味がわかりましたが、もう一度よく見ようと思っても、時、既に遅し。


見回すと、境内社もあるようです。


拝殿の後方には石段が見えます。かなり離れているので不思議に思いながら奥に進むと、


立派な弊殿と本殿がありました。

建物の周囲には由来など何の説明板もありませんが、やはり通りすがりの私のような者にも
わかる説明板が現地に建てられることを希望します。
ネットに情報を掲載することは経費が要らないですが、積極的に見なければ価値がありません。
本物の建造物の側で説明板を読むのとはまったく違います。


今は寂れているけど、玉垣などの寄進者も数多く、もとは野根地域も相当に栄えていたのだと思われます。


弊殿の屋根は破れてトタン屋根になっていますが、本殿は立派な造りです。
なぜこのような立派なものが廃れてしまうのか残念です。
早く保存、修復しないと歴史ある建物が失われてしまいそうですが、
修復のため一般に寄付を募っている様子もありません。

住民の信仰心が薄れたり人口が減ったとはいえ、これからは地域の観光資源として氏子だけに
任せるのではなく、行政が税金を使っても保存活動やPRをするべきではないでしょうか。

家に帰って来てからネットで調べました。野根八幡宮については東洋町のHPが参考になりました。
・野根八幡宮は九州宇佐八幡宮の分社で祭神は応神天皇である。
・鎌倉時代、野根宗惟氏の創建と伝えられている。
・社格は旧郷社で野根全体の氏神である。
・明治6年に火災があり、本殿拝殿古記録全てが焼失、翌年に再建。それまでの棟札記録は保存されている。
・大祭行事は、10月第1日曜日に御輿渡し、流鏑馬、祝宴など縮小された形であるが現在も行われている。

不況のさなか人口も減り地域の人々はたいへんだと思うけど、ぜひこの建物や行事を保存して観光に生かしてほしい。

土佐の歴史散歩東洋町>野根八幡宮