土佐の歴史散歩土佐市>青龍寺
35番札所>36番札所>36番札所

36番札所 青龍寺(しょうりゅうじ)


2006年2月18日 今日はあまり天気がよくない。


 四国霊場88カ所のうち、高知県内ではいくつか既に訪問しました。
 今日は36番札所の「青龍寺」です。
 場所は土佐市宇佐の横波大橋を渡り、半島に少し入った竜地区
です。竜の浜で県道から山手に細い道を入ります。
 上の写真の左手には、大相撲の横綱「朝青龍」の出身校明徳高
校の分校があります。


 門柱を少しはいると池が目に入ります。「蟹が池」といって、
珍しいベッコウトンボが生息する場所です。今日は鴨がたくさん
浮かんでいました。また、最近は湖沼の地層をボーリング調
査して、大昔の南海地震の痕跡を探すということが進んでい
るようです。


 門柱を入った右手には六体地蔵が並んで迎えてくれています。


 六体地蔵を過ぎると道路縁にはミニ88カ所の一番が鎮座して
いました。それもかなりの歴史を感じさせる風格です。
 後で分かったのですが、寺の後ろの山を含む広い場所に点々と
88の地蔵が置かれていて、これをたどるだけでも、いいピクニック
になりそうです。


 山際の細い道を数100mたどると、駐車場に着きます。
 ふり返ると真っ赤な塔が目を惹きます。


 正面の階段が本堂への道です。


 左手には奥の院に向かう道の門があり、その上は鐘楼になって
いました。珍しい構造ですね。


 正面から上がります。階段の途中に「仁王門」があります。
 「独鈷山」の扁額がかかっています。


 塔の下層部です。右手前に自然石を切り取った碑があり、
 「大海にあまねき護り独鈷山 峰にそびゆる宝塔の尊し」と
彫られていました。

 
 あうんの仁王さんです。結構細かい金網の目の間から撮影したので、陰が写っています。
 いったいいつ頃の作品でしょうね。


 続く石段の脇にあった小さい「聖天堂」


 石段脇にはほかにもいろいろありました。
 これはお地蔵さん。


 これは「行場」


 こちらには「弁才天」や座禅を組んだお地蔵様やら、すらりと
立ったお地蔵様などが


 ここには何かいかにも古そうな板碑が。


 などと、いろいろ見て登っているうちに、本堂まで上がりました。


 ふと上の方を見ると藩主山内家の「三つ葉柏」が。
 第二代藩主山内忠義公がここも大切にしていたそうです。


 本堂の軒には「波切不動尊」の扁額


 空海作といわれる本尊「波切り不動明王」の模造石像です。


 本堂右手に「薬師堂」です。


 本堂左手には最近建て直された「大師堂」です。


 こちらは青銅製の「波切り不動明王」です。


 一連の建物群の右手に神社がありました。鳥居にかかる
扁額の文字が薄くて読めませんでした。

 
 小さくてかわいいあうんの狛犬さんたち


 本堂周辺から左の山手に入ると、ミニ88カ所が点々と続き
その中には「恵果阿闍梨」(和尚)の墓とされるものがあります。
 「青龍寺」は中国の長安にあり、空海はそこで恵果阿闍梨から
密教の奥義を伝授され、遍照金剛という名をもらったのです。
 ここのお寺はそういったことを模擬したお寺かもしれません。


 奥の院に向かう道と合流するあたりの山の中ですが、ここの
洞にもミニ88カ所のお地蔵さんが置かれています。


 小さい沢の対岸にもお地蔵さんが。


 奥の院には行かず、元の駐車場に戻りました。
 駐車場の左手の山の中にお墓を発見。
 歴代の和尚さんたちのお墓らしいです。墓所内はよく手入れ
されて花も飾られていました。


 さまざまな形式の墓石が並んでいました。
 これを最後に夕暮れ近くなり、帰路に着きました。

詳細は青龍寺(Wikipedia)

土佐の歴史散歩土佐市>青龍寺
35番札所>36番札所>36番札所