土佐の歴史散歩土佐市>細木家墓所

細木家墓所


2012年6月9日(土) 次の本の執筆中の少しの暇を見つけていただき、前田秀徳先生に土佐市新居を案内していただきました。


明るい山裾の墓所に細木家の大勢の人々の墓石が並んでいます。


勤王の志士細木元太郎と妻鹿衛の夫婦墓です。
初め核太郎(もとたろう)といい、庄屋細木繁蔵の長男で、祖父は細木庵常(いおつね)です。
土佐勤王党に加盟し、類族の中島信行、中島与一郎とともに脱藩したが、与一郎は脱藩途中でやむなく自刃しました。
核太郎は長州で活動し、大政奉還後は戊辰の役に参加し彰義隊との戦いで負傷、迅衝隊でも奮戦しました。


戊辰の役後は中央政府には行かず、地域の戸長などを勤めました。
明治三十七年四月六日歿、享年六十有七。


勤王の志士細木元太郎墓所と彫られた石碑や説明板もあり、わかりやすい。


元太郎の父母、繁蔵と民の墓です。


そして元太郎の祖父細木庵常の墓です。


左が細木櫻生庵常墓で、右が妻の墓です。
細木家は代々庄屋で、庵常も新居、長浜、野市、諸木など各地に転勤する移動庄屋でした。
天保庄屋同盟の指導者の1人で、庄屋層の要求の歴史的解説書を現しています。
また、今村楽に国学や和歌を学び鹿持雅澄などと交流し、歌人庄屋と呼ばれました。
妻は裕福だった中島氏から来ています。
嘉永元年(1848)69歳で歿。

細木元太郎墓、細木庵常墓は山本泰三著「土佐の墓」に掲載されています。

土佐の歴史散歩土佐市>細木家墓所