×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TopPage

新之丞生誕の地


 2005.9.17土佐の隣の宇和島を取材に行ったおり、偶然にも見つけた新之丞生誕の地です。


 檮原町から長いトンネルをくぐり、県境を越え日吉に入り、
快調に車を飛ばしていると、新之丞という名前が横目に入りました。
いの町の成山の新之丞かなと車を止め、歩いて戻ってみると、
看板だけでなく、記念碑や石仏がありました。


 山伏の格好をして修行していたのでしょうか。四国山中をどこ
まで行っていたのでしょうね。


新之丞記念碑
土佐和紙の祖 新之丞のこと

 この日向谷は土佐和紙の祖と仰がれる新之丞の出身地です。
 四国行脚の途中土佐で病に倒れた新之丞は、長宗我部元親
の妹養甫尼と、甥の安芸三郎左衛門家友に助けられた。
 律儀な(受けた恩を特にありがたく思う)新之丞は病気の養生をし乍ら、
お礼に修善寺紙の漉き方を教え、さらに染色法に詳しかった養甫尼
と日夜研究を続け、ついに土佐紙の起源となる珍しい七色紙の製造
に成功した。技術伝授を終えた新之丞はすっかり体調も回復し、
名残を惜しみながらなつかしの故郷日向谷への帰途についたが、
坂の峠(高知県伊野町)まで見送ってきた家友に突然背後から
斬り殺された。時に1596年旧暦3月5日。
七色紙の秘法が外に出るのを恐れ、それを守るためとは言え
まことに哀れな最期であった。(参考文献 古文書・郷土誌による)

 坂の峠にはその菩提を弔うために1815年に石仏が、
又1916年には「紙業界之恩人新之丞君碑」が建てられ
ねんごろに祀られている。今なお、その悲話も伝えられている。

1996年1月(平成8年1月)
  新之丞翁四百年供養のため建立


 ふと、ふり返ると対岸の斜面の樹木がきれいに刈り取られ、その上に旅人を接待するお茶堂らしき屋根がのぞいていました。
 昔はそこを通る細い踏み分け道を土佐から伊予へ、あるいはその逆に旅人が歩いていたのでしょうね。