土佐の歴史散歩津野町>吉村虎太郎像

土佐の歴史散歩銅像を巡る>吉村虎太郎

吉村虎太郎像


津野町新田で国道197号線から分かれ、天狗高原方面に向かうのですが、新田の集落東側の交差点から入ります。


国道439号線までの狭い通りの東側山手にあり、少し小高いので車で走っていると見えにくいので注意してください。


向かい風に吹かれたようすで格好いい!


文久元年(1861年)土佐勤王党に加盟し、同2年(1862年)武市の命で長州へ赴き久坂玄瑞に武市の手紙を渡しました。


長州、薩摩の様子を知った虎太郎は、藩論統一を進める武市を振り切り数人で脱藩しました。
文久3年には大和義挙を計画し、天誅組を立ち上げました。


しかし、政変が起き大和行幸は行われず、大和義挙は失敗し敗走中に射殺されました。


像の後ろには虎太郎の父母の墓地があり、宮地宜蔵、山岡謄治、松山深蔵、吉村虎太郎の4本の碑が並んでいます。

土佐の歴史散歩津野町>吉村虎太郎像

土佐の歴史散歩銅像を巡る>吉村虎太郎