×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


土佐の歴史散歩高知市中心部>武市瑞山道場跡

武市瑞山道場跡

 安政1(1854)年叔父島村寿之助と槍剣道場を開きました。その後一時江戸に出て帰郷後、道場の経営に力を入れ、藩からご褒美をいただきました。
 長州などの尊攘運動が激化する中、万延元(1860)年藩から剣術修行の許可を得て北九州の諸藩を巡歴しました。
 やがて、修業のため再び江戸に出て、大石弥太郎から尊攘運動の全国情勢を聞き、また木戸孝允、久坂玄瑞らと交流し刺激を受け、大石、島村衛吉、池内蔵太らと土佐勤王党を結成することを決め帰国し、200人余りの同志を集めました。


2003年2月2日 菜園場を訪れました。


 朝早く尋ねましたが、帽子をかぶったお年寄りがこの近くの
小さな社を掃除していました。
 聞くと、戦争で焼けるまではこの辺りに道場があって、背伸
びして格子窓からのぞいて見たりしたということです。
 


小さな看板が通りの向こうにありました。
引っ越したようです。


横堀公園です。


 公園に入って右手に記念碑が置かれています。

武市瑞山道場跡は前田秀徳著「龍馬からのメッセージ」に掲載されています。

土佐の歴史散歩高知市中心部>武市瑞山道場跡