×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

土佐の歴史散歩高知市中心部筆山・皿が嶺>菅原高視邸跡

菅原高視邸跡


2011年12月3日(土) 筆山で偶然出会った前田秀徳氏に案内いただき、少し南の高見町から高見山に向かいました。


ここから山に向かいます。筆山トンネル東口南上に上がります。


道は二手に分かれます。右は久米坂で筆山に向かって登っていますが、
私たちは左に進みます。


開けた場所に出たら菅原高視朝臣邸跡の碑がありました。


邸跡は2段に分かれていて上には石碑があります。


その石碑には菅原高視朝臣遺跡と彫られていました。

ここは潮江天満宮が管理していて、説明板も建てられていま
した。
「高視朝臣邸跡
昌泰4年(901)1月25日菅原道真公が太宰府に左遷されると嫡子
右少辨高視朝臣もまた土佐権守として京都を逐われ土佐国
潮江に居住した。
此処にその邸跡があり、古来小判畑と称して口碑に伝えられ
ている。尚現在の高見町の町名は、この遺跡により名付けら
れたと云う。    潮江 天満宮」


下の段には五輪塔のようなものと石像があります。
菅原高視を表した像でしょうか。


下から見ると、しっかりした石垣が積まれていることがわかります。


下からの石段も幅の広い立派な石段です。作られた当時は
麓の船着き場からずっと続いていたのでしょう。


ここからは介良富士に続く連山が見えますが、当時はこの麓までずっと海だったのです。
屋敷を堅牢な石積みをしてこの高さに建造したのは、貞観11年(869)の東北大震災による大津波に
ついての知識があったのだと思います。先人の知恵ですね。
この屋敷にいつからいつまで住んだのかよくわかりませんが、父菅原道真が延喜三年(903)
九州太宰府で亡くなった時に遺品を届けるべく道真の老僕、白太夫松本春彦が大津まで
辿り着いたのですが、長旅の疲れか病気のために亡くなり、代わりの者が届けたといいます。


このあと、上に少し登ったところに宝蔵寺跡がありますが、
その上にある高視の墓所に参りました。


「高視朝臣標」

菅原 高視(すがわら の たかみ、貞観18年(876年) - 延喜13年7月21日(913年8月25日))は、
平安時代前期の官人。右大臣・菅原道真の長男。官位は従五位上・大学頭。
寛平5年(893年)に文章得業生となり、翌年には三河掾に任官。その後大学頭兼右少弁となる。
しかしながら、昌泰の変により父に連座して延喜元年(901年)土佐介に左遷される。
5年後に帰京して大学頭に復して従五位上に叙せられるが、以後は振るわず38歳の若さで病死した。
(Wikipediaより)

菅原高視遺跡は前田秀徳著「龍馬からのメッセージ」に掲載されています。

土佐の歴史散歩高知市中心部筆山・皿が嶺>菅原高視邸跡