×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

土佐の歴史散歩高知市中心部筆山・皿が嶺>島村家(雅文)の墓所

島村家(雅文)の墓所


2011年12月3日(土) 前田秀徳先生に案内いただきました。


島村(左伝次)雅文と向こう側が妻の墓です。
島村衛吉、寿之助などの下島村の島村家の
分家筋になります。
雅文は文久3年に上洛し姉小路公知の衛士、
次には三条実美の衛士を務め三田尻、太宰府
と随行しました。
また、戊辰戦争に従軍し会津城受け取りの
役目もしています。
維新後には勤王志士の顕彰に尽力しています。


墓所はこんな感じです。


雅文の墓石は、大きい自然石の墓石に多くの文字が
彫られていますが、上の方が既に剥離しています。


真ん中のひび割れの部分には「半平太」
の文字が読みとれます。

島村雅文の墓は山本泰三著「土佐の墓」に掲載されています。
島村雅文の墓は前田秀徳著「龍馬からのメッセージ」に掲載されています。

土佐の歴史散歩高知市中心部筆山・皿が嶺>島村家(雅文)の墓所