土佐の歴史散歩本山町>大原富枝文学館

大原富枝文学館

 地元、本山町出身の作家大原富枝は野中兼山一族の盛衰を描いた「(えん)という女」で知られています。


2002年10月1日 帰全山公園を訪れた帰りに寄りました。


 道路を挟んでやっと全景が入りました。


 玄関では思わず立ち止まり、だれかに写真を撮ってもらいたい
ような雰囲気が・・・


 大原富枝の仕事のすべてがここに凝縮され展示されています。


 館内は撮影禁止で、写真はこれだけです。

入館料:一般・大学生300円、小・中・高校生100円。
開館時間:午前9時〜午後5時(受付午後4時半まで)
休館日:月曜日(月曜が祝祭日の場合はその翌日)
    と12月28日〜1月4日まで

「大原富枝の会」から「やまなみ」という機関誌が発行されています。

土佐の歴史散歩本山町>大原富枝文学館