土佐の歴史散歩香南市>伊能忠敬測量の地

伊能忠敬測量の地


2010年3月14日(日)赤岡を訪問しました。


漁港で弁当を食べ、あかおか駅に近づくと砲場(つつば)跡がありました。
曰く、「この砲場は幕末の外国船襲来に備え大砲を4台据えてあった跡である。
当時は、駆けつけ浪人多数が防備隊として駐屯していた。彼らを受け入れ
賄った赤岡商人の財力と繁栄振りも合わせて偲ぶべきであろう。」


残念、期待したような、石垣も何も当時を連想させるものがありません。


あかおか駅には、なはりこちゃんからごめんえきお君までのキャラクタが勢揃いしています。


赤岡小学校の正門前に来ました。弁天座の駐車場があります。
駐車場に車を止めるとすぐ後ろに立て札がありました。
「文化五年(1808)、幕府天文方一行の測量により、北緯33度33分の位置に
杭が打たれたが、後年帝国陸軍の測量で再確認され、御影石に改められた。」


伊能忠敬緯度観測記念碑です。
江戸時代に、初めて精密な日本地図を完成させた人が
ここでも測量を行っていたのですね。


杭は向こうの赤煉瓦の塀の角にあったが、戦後の舗装工事の際に破棄されたらしいとのこと。


軒下にはベンガラ漆喰を使っていて、赤煉瓦の家も何か由緒のありそうな建物です。


初代村長・小松与右衛門邸です。
寺尾酒造の丁稚から身を興し、村長にまでなったらしい。

土佐の歴史散歩香南市>伊能忠敬測量の地