土佐の歴史散歩南国市北部>地主神社

地主神社


2007年3月23日 高知でも水芭蕉の花が見られるということを聞き、黒滝方面を訪れました。


穴内川ダムを香美市繁藤から遡りました。


上流部に来ると南国市になり、黒滝という集落に入りました。


黒滝から少し奥に入ると小さな集落の上にありました。
ちょうどいくつか花が咲いていました。


上にあがって見ると沢山の株が植えてありました。


そこで偶然にも発見したのは、鳥居の形に2本が合体した杉の木です。

 
きちんと左右の狛犬さんも揃っていて、「地主神社」の御護りをしています。


その石段の上にある鳥居杉です。


昭和41年に南国市の指定天然記念物になっています。
樹齢は約300年なので江戸時代に芽吹いたものですが、
いつから鳥居の形に繋がったのかはわかりません。

この地主神社は、杉の木が鳥居状に繋がっているのを
見つけ、神を感じた村民により祭られたのでしょうか。
それとも、以前からこの神社が集落の鎮守としてあった
ところに育った木が繋がったのでしょうか。


付近を歩くと「瀬戸の滝」があるという小さな案内板があり、
坂道を進むと瀬戸神社がありました。


この滝の神を祭る小さな社殿の下の方には、滝に続く石段
がありました。


あまり大きい滝ではありませんが、何段かに分かれていてきれいな水が流れていました。


「瀬戸の滝」は高さは約15m。滝には大蛇伝説とか娘の身投げ伝説が
よくありますが、ここにもあるようです。


「黒滝自然館せいらん」
黒滝小中学校の跡地が研修施設として利用されているようです。


宿泊設備もあり、山間の自然の中で合宿ができます。

土佐の歴史散歩南国市北部>地主神社