土佐の歴史散歩南国市北部>比江の塔跡

比江の塔跡(比江廃寺)


2004年11月14日 以前から気になっていた比江廃寺跡を探索に行ってきました。
国府に入り車をゆっくり走らせていくと、この日はすぐに見つかりました。


 写真左から手前に向けて道路がありますが、細い道路で
クランクになっていて運転に集中してしまうので、今までに
何度かここを通過していたのですが気がつきませんでした。


 車を置き敷地に入って見渡すと、ほとんど何もないのですが、
中心部に何かありそうです。


近付いてよく見ると、石柱には「史蹟比江塔址」とあります。


国分寺ができる以前、五重塔がここにありました。
これが塔の礎石で、ここに塔の中心の柱が立っていました。
中心部の小さい穴には仏舎利が納められていたはず。
県内ただひとつの白鳳時代の礎石だそうです。


敷地の端に立っていたのは、比江廃寺の昔のようすを想像
して描いたもので、原画を描いたのは大野龍夫さん。
当時の塔の高さは柱穴の40倍とされていて、現在の法隆寺
の塔より少し低い五重塔が存在していたと考えられています。
また、周辺から発掘された出土物により、相当大規模な寺院
であったことが推測されています。

比江廃寺跡は前田秀徳著「龍馬からのメッセージ」に掲載されています。

土佐の歴史散歩南国市北部>比江の塔跡