×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

土佐の歴史散歩高知市北部>寺田家先祖の墓所

寺田家先祖の墓所


2011年1月30日(日)
 今日は上空に寒波が張り出して、日中の最高気温が6℃までという寒い日ですが、再チャレンジで行ってきました。
 一度、寅彦の墓参りをした後、チャレンジしたのですが進むべき方向を間違えて果たせなかったことがあったのです。
 寅彦とお父さんの墓所から尾根まで登り、右に進むと左手には加賀野井団地が間近に見えて山を下りてしまいそうですが、藪のトンネルを通り谷を左に巻きながら山の東端近くまで進みます。


林の中を通って来ましたが、この林が途切れるところに墓所がありました。


入口から見たところです。左に墓石、右には墓石のない石積みの墓。


大きいものが寺田氏祖先之碑で、あとの5基はすべて寺田氏墓と
彫られているのみで側面にも何も書かれていませんでした。
右端には割れた墓石が横たわっているのが1基ありました。


時代が古いのでしょうか、石積みの墓が3基並んでいました。


その他、このような石碑のない墓が2基ありました。
このような形式があったのでしょうか、それとも墓碑はあったが
何かの理由で消滅したのでしょうか?割れた墓碑が残されている
ことから、風化あるいは人為的に破壊したのでしょうか?


「寺田氏祖先之碑」です。
後ろ3面に碑文が彫られていますが、私には古い用語がわからず
残念ながら半分ぐらいしか読み下すことができません。
最後の方に利正氏のことがあるので、比較的新しいものでしょう。

寺田君為四世以上并六世之租建碑来求予文曰吾家世事藩主山内公本寒微又不幸早世無嗣者数予自宇賀来嗣既不及義父之時毎上○域徒歎墳墓累累無次序今也世属昇平食禄家居乃修治之任固在我子其為我記之因出示世系曰其為吾家始租諱九右衛門天和元年没某為二世諱仁右衛門自他来嗣貞享元年
歿其為三世諱彌助自他来嗣享保十九年歿其為四世自他来嗣諱傳五右衛門寛保三年歿于江戸其為六世諱左七宝暦十二年歿于江戸七世以後則皆立石標之矣蓋自始租至六世刻字墓石者獨有五世彌五八夫妻而已不可必主名者五不知何在者三是吾之所以建一碑使群霊有所憑依也余以為事之彌久念動
之哀情者無知墳墓今山行戉見断碑于荊棘之中有愴然不可為懐者況於其祖先乎維新之際君従軍以功自御用人擢為藩士西南之役以陸軍會計官従軍征清之役進一等監○今又及是○其顕先追遠貽孫謀可謂至矣遂叙知     西森真太郎撰并書

土佐の歴史散歩高知市北部>寺田家先祖の墓所