×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

土佐の歴史散歩高知市北部>小松孫四郎の墓

小松孫四郎の墓

2012年2月18日前田秀徳先生と真宗寺山を歩きました。


登り口の頂上付近に小松孫四郎先生の墓はありました。


墓石の左右及び背面には文字がぎっしりと彫ら
れていました。

不明な文字もありましたが三面は以下のようでした。
私の曾祖父も戊申の役など同じ時代を生きています。

君諱幸盛称孫四郎小松氏高知縣下
知村人家世郷士考諱重忠妣小松氏
有四男君其長子也少好武従谷寺村
毛利諸人學剣及要馬兼修抜刀槍銃
諸法技大進藩主山内氏召為剣術導
役賜●俸教藩士就家而學者亦数百
人戊申東征之役従軍有功進列藩士

既而請暇歴遊天下以究其技遂抵東
京遊橇井氏門比反朝政一新藩主納
封乃帰耕郷里尋見推為戸長山内氏
嘗召奮臣演要馬術於御苑以供 天
覧有酒絹之賜君亦與人皆榮之明
治十七年補警察吏授剣法後臥病数
年竟不起實廿六年四月廿一日也享

年五十二葬薊野先榮次配藤阪氏生
二男二女次子寅彦嗣家君性易直豪
爽勇於義怯於利従遊者莫不畏愛晩
信仏法又嗜書画可以知其非尋常武
人之此也頃者警察官吏與門人謀伐
石以表其墓請余文因為叙其概略

高知縣知事従三位勲三等  石田英吉撰


台石にも名前がたくさん彫られていました。
石山孫六という剣道の達人の名もありました。


範士石山孫六の頌徳碑(丸の内)


高知縣知事をつとめた石田英吉の撰文です。

土佐の歴史散歩高知市北部>小松孫四郎の墓