土佐の歴史散歩高知市春野町>兼山の郷公園

土佐の歴史散歩銅像を巡る>兼山の郷公園

兼山の郷公園


2005年7月16日 春野町を訪れました。


春野町の中心地に近い場所で、ピアステージという文化施設からすぐです。


敷地北側を流れる新川川の改修を行った記念の施設のようで、
兼山の郷と名がついていますが、兼山についての説明は一切なく
もったいない限りです。


公園とは別に道路を挟み、野中兼山の像が立っています。
ここにも野中兼山に関する説明は一切ありません。
知事の売名行為かと間違えるので、是非見やすい説明案内板が必要です。
どうして像を建てるときに一緒にやらないのでしょう。

2006年11月4日再び撮影のため訪れました。


 野中兼山は春野平野の隅々に仁淀川の水を配る潅漑用水や、
紙の町伊野から長浜の港に通じる水運用の運河を通し、農業や
商業の発展の基礎を築きました。


このような工事は藩内各地で行われました。
だれもがそれまでなし得なかった大工事の成功の裏では、
農民から下級侍までが毎日厳しい労働に明け暮れ、不満が
蓄積していきました。


兼山は辣腕を振るって藩の財政を建て直し、二代藩主忠義の
信望を得てきたたのですが、忠義が隠居し若い三代藩主忠豊
になると次第にその権勢をこれみよがしにして、藩主をも軽ん
じるようになりました。他の家老達は相謀り、過酷な労働や厳
しい年貢などのとりたてに対する不満を利用して兼山に謀反者
の烙印を押し、お家断絶としたのでした。沖の島裁定を見て
幕府が兼山に怖れを抱き、失脚させるよう謀ったともいいます。

土佐の歴史散歩高知市春野町>兼山の郷公園

土佐の歴史散歩銅像を巡る>兼山の郷公園