土佐の歴史散歩高知市西部>宇賀家・別役家墓所

宇賀家・別役家墓所

 幕末土佐の上士と下士(郷士)の反目を決定的にした井口村刃傷事件の犠牲者の一人である宇賀喜久馬の墓があります。
 


2010年12月18日(土)
 寺田寅彦旧邸を訪問し、案内係の方に宇賀家墓所への道筋をお聞きし、行ってきました。
 つつじヶ丘団地を西方奥へ進み、一番山側の道路に出ます。
 山と言っても団地造成で尾根が一部残されただけの一段高い場所です。
 階段がついていて上は散歩道のようになっています。
 そこから山に入るといくつかの墓地があり、それらの北西部にありました。


6基の墓石の並ぶ宇賀家の墓所です。


寺田寅彦の祖父、宇賀喜久馬の父である、宇賀市郎(良)平と峰夫婦の墓です。


文久元年3月5日、僅か18歳で切腹した宇賀喜久馬の墓です。


喜久馬の長兄、宇賀正巳の墓です。


宇賀家の墓所の一段上手前側には寅彦の姉の駒が嫁いだ
別役家の墓所もありました。

 
この墓所では一番古い人達です。

 
宇賀喜久馬の姉、別役伊嘉と安岡家から養子で入った俊蔵の夫婦です。

 
寺田寅彦の長姉、駒と俊蔵の長男別役儁の夫婦

  
駒の子供達、励夫、亮、精
寅彦の従兄弟たちです。特に亮は仲良しで、寅彦は「亮の追憶」という随筆を書いています。

宇賀喜久馬の墓は山本泰三著「土佐の墓」に掲載されています。
宇賀喜久馬の墓は前田秀徳著「龍馬からのメッセージ」に掲載されています。

土佐の歴史散歩高知市西部>宇賀家・別役家墓所