奈半利駅(なはりえき) 


平成14年7月1日、土佐くろしお鉄道の「ごめん・なはり線」が開通し、営業を始めました。
「モネの庭」の最寄り駅となった「ごめん・なはり線」の終着駅、「奈半利駅」を紹介します。

安芸方面では国道の北側にあった線路が田野町で国道上空を横切り、奈半利川を渡ります。
橋の東、200mぐらいのところから南に入ると高架と駅があります。


南側が正面となっていて、少し構造が複雑で変わった形をしています。
3Fがホームと駅で、張り出したベランダからは南にひろがる太平洋が見えます。
また、ベランダ東側のレストランに座り、西方に沈む夕日を見るのもいいもので、「ダルマ夕日」も期待できそうです。


北側から見ると、ずっと右に高架が伸びていて左は突然切れています。


高知県出身の漫画家やなせたかしさんが考案した奈半利駅のマスコット「なはりこちゃん」。
向こうに見える階段を3Fまで上がると乗車券売り場や改札口です。


小さな駅の小さなホームに1両のディーゼルカーが止まっていました。


正面広場は25台分の駐車場です。駅裏にも15台ぐらいが駐車できます。


1Fは物産館で、地元の産品が即売されていて、2Fはギャラリーになっています。
この前に北川村や室戸方面の連絡バスの停留所やタクシー乗り場があります。

時刻表(ごめん・なはり線活性化協議会)    高知空港のホームページはこちら  JR四国ホームページはこちら